財形ホームタイトル

解体工事の流れ

 1)解体工事のお問い合わせ
お客様より、解体物件の住所、建物の構造、面積(坪数またはu)などを連絡して頂きます。
解体お見積りフォームからもご連絡頂けます。ご利用ください。
 2)現地調査
当社担当者が現地にお伺いいたしまして、建物構造物種別・建物の面積・解体作業環境・
近隣環境の確認・搬入搬出ルートの確認、及び、解体作業重機車両選定等を行います。
 3)お見積りの提出
当社担当者が、解体工事のお見積書を作成し、費用・解体方法などの内容をご説明致します。
 4)解体工事請負契約
お見積りの結果をご理解頂けましたら、当社とお客様の間で、解体工事の請負契約を行います。
 5)建設リサイクル法の届出
平成12年度より、解体工事を行う建物の延べ面積が、80uを超える場合にはリサイクル法の
届出が義務がつけられております。  工事着工日の一週間前に当社より、届出を行います。
 6)近隣挨拶
当社担当者が、解体工事現場近隣の方々にご挨拶および解体工事の概要・作業工程・
緊急連絡先などを御説明いたします。
 7)解体工事着工
解体工事を行います。工事期間中は現場の作業環境や状況に応じて、万全の対応を行います。
 8)解体物搬出
解体工事により生じた産業廃棄物を分別収集し、中間処理施設に搬出します。
 9)現場整地
解体工事後にご要望に応じまして、砂・盛土などを行い、整地いたします。
10)マニフェスト伝票作成
マニフェスト伝票とは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために、解体工事現場から発生した
産業廃棄物がどのように処理されたかを記録するもので5年間の保存が法律により
義務付けられています。
作成されたマニフェストは当社および、廃棄物処理を行った会社でそれぞれ保管されます。
11)解体工事完了
お客様に解体工事完了後の現場確認をして頂きます。
12)建物滅失登記
当社より提出される家屋取り壊し証明書を持参して、最寄りの土地家屋調査士に
建物滅失登記の依頼をしてください。
ご要望に応じまして、担当土地家屋調査士の紹介も行います。